2021.12.18 少女クラス ニッパツ三ッ沢ガールズカップ


少女クラスLUNAは

2021ニッパツ三ツ沢ガールズカップに参戦して参りました。

気温8度と寒い中、天然芝の最高のピッチで全5試合を経験出来ました。

今日の目標、テーマ、得点すること、この天然芝のピッチを楽しむ事。

6年生メインの大会で、6年2名、5年1名、4年2名、3年1名、2年4名、1年3名と中々難しいメンバーでしたが、4.5.6年の選手を中心に気持ちのこもったいいゲームが出来ました。






5.6年生でツーバック、キーパーを回してもらい、4年生2人をボランチ、右サイドに置いて、ボランチにはドリブルチャレンジから右サイドの選手を使う斜めのドリブル、斜めのパスのチャレンジ

右サイドにはドリブルチャレンジからのシュートまで、2年生エースにはドリブルチャレンジ自信を持って、他の選手には相手がボールを持っている時へのチャレンジしよう!とスタート(^^)

身体を張ったディフェンスで遠めからのゴラッソの1失点に抑え、好機は右サイドの4年エースに出たボールをドリブルでキーパーと一対一、惜しくもゴールとはなりませんでしたが、いいシーンとなりました。

終了後涙を流していました。

その後も上級生を中心に身体を張ったディフェンスと、中盤のキープ、ドリブルから右サイドへのホットライン、何度かチャンスを作りましたが中々決めきれず2戦3戦目は共に0-2での敗戦でした。

しかし中盤から右サイドへの攻撃は形になって来ました。

ボールへの寄せ、ボールキープの部分はチャレンジする事が出来たことは良かったです。

4戦目、ボランチから右サイドへ、ドリブルから切り返しシュート、からのチャンスをボランチが落ち着いてゴール、2点目3点目はボランチから右サイドへ何度もチャレンジした良い形で、フィニッシュは切り替えして左足でのゴール!

3-0で本日初勝利!

5戦目はチャレンジするも、疲れも出てきた選手も多く0-2で敗戦、ブロック5位となりました。

最近の国チビの試合では、得点することが出来ないことが続いており、何とか得点を取らせてあげたいと思っていました。

選手たちは指導者以上に思っていたでしょう

オフェンス、ディフェンスの仕方など課題は沢山ありますが、試合で結果が出るよう、試合で出せるようトレーニングしていきたいですね。

寒い中朝から夕方まで応援して頂いた保護者の方々、運営して頂いたYFAの皆様、最高のピッチで大会を開催して頂いた全ての皆様に感謝致しております。

これからも御協力宜しくお願い致します。